天台宗の増福寺

トップページ

増福寺について

住職あいさつ

行事予定

お問い合せ


増福寺について
教え
本堂
宗旨
   てんだいほつけえんじゅう
天台宗(天台法華円宗)
総本山
滋賀県 比叡山 延暦寺
祖師
高祖(中国) 天台大師 智 禅師
宗祖(日本) 伝教大師 最澄 上人
立教開宗
中国の天台智者大師が、お釈迦様御一代の教えのうち、最もすぐれた法華経を中心として天台宗をお開きになり、その後伝教大師が中国に渡られ、これを伝えて、延暦25年(806)1月26日、日本の天台宗を開かれ、日本仏教の根源となった宗旨であります。
天台宗は、この法華経にもとづく一乗の教えを根本として、密教、禅法、戒法、念仏などをその実践の法門としています。
本尊
天台宗のお寺のご本尊は、阿弥陀様、薬師様、観音様、地蔵様、不動様などをおまつりしてありますが、それらは皆、法華経に説かれている、久遠実成の釈迦牟尼如来(永遠のいのち、無限の力をそなえられた宇宙の本体としてのお釈迦様)と同一体であるから、すべて緑に従ってこれらの仏、菩薩を敬信します。
教義
此の世のいろいろの異なったことがらは、すべてうつりゆく仮りの相であるが、それはそのままに仏のいのち、すがたである。
私共は皆仏の子として、仏と同じ仏性を生まれながらそなえているので、人々がこの理りにめざめて、仏の道にいそしみはげむように説き導くのが、天台宗の教えである。
経典
俗に朝題目、夕念仏とも称される如く、法華経の諸法実相(すべてのものは、みな仏そのもののあらわれである)の立場に立って、すべての大乗経典を敬い読誦致します。
増福寺の由来  
根本伝授大師尊増 増福寺の開山・開基は、何時の頃か定かではありません。
増福寺観音堂の裏山は、昔より八幡山と呼ばれ丸い石を御神体とする八幡神社がありました。 この八幡神社についての言い伝えが「増福寺八幡縁起」に記されています。 今から約千年前、『寛治五年十五日八幡太郎源義家が奥州後三年の役に勝利し都への帰路、当国へきたところ、 たまたま長雨も晴れ渡り、玉川の流れは潔くおだやかでした。 義家は軍卒等と共に、川に駒を打ち入れて泥の汚れを洗い流し、 向かいの山を仰ぐと玉垣が清らかに輝く感じを受けました。 義家、軍卒等は信心を動かし、香九折を持ちそのあたりに来ると祠がありました。 別当沙門に仰いで扉を開くと奇異な石があり、たちまち大菩薩のお姿が顕れました。 義家、軍卒等は、感涙し武運を祈りました。 義家は、源氏譜代の氏神の奇端御代の験なりとして重籐の弓と白羽の弓矢二筋を奉納しました。 別当を仰いで義家は、この里の民末長く栄えるように詞を残し都に帰りました。 いつしか里の人々は、この地を末長村と呼ぶようになりました。』 この縁起より、古くからこの地に堂宇の在ったことが推察されます。
 
増福寺の紹介  
準一四国三十三番観音霊場二十三番礼所
宗派 天台宗
御本尊 大日如来
祖師 高祖(中国) 天台大師 智 禅師
宗祖(日本) 伝教大師 最澄 上人
観音堂 聖観世音菩薩立像(伝聖徳太子御作)
延命地蔵菩薩坐像(弘法大師御作)
上二体、観音堂に安座
行事 節分会   2月3日
施餓鬼会  5月 第4土曜日
除夜の鐘  12月31日
初護摩共  1月1日午前0時
 
増福寺概要  
増福寺 全景
名称 天台宗茂岳山観音院増福寺
所在地 神奈川県川崎市高津区末長775
電話番号 044-866-7548
FAX番号 044-866-7684
E-Mail info@zofukuji.or.jp
交通 JR南武線「武蔵溝ノ口」駅・東急田園都市線「溝の口」駅より
8番バス乗り場 東急バス「蟹ヶ谷」行き乗車
「ゼネラル裏門」バス停下車徒歩7分
東急田園都市線「梶ヶ谷」駅下車徒歩10分
沿革  
  開山・開基は不詳
昭和20年4月 空襲で、本堂庫裏が全焼、観音堂は残る
昭和35年8月 本堂庫裏を再建
昭和42年4月 墓地改修
昭和59年8月 本堂内陣増築
昭和45年4月 地蔵堂建立
平成2年4月 観音堂を改修再建
平成8年11月 新墓地造成竣工
平成16年7月 客殿・庫裏竣工
案内図
地図
 

 Copyright (C) Zoufuku-ji religious corporation, All rights reserved.